仮設足場の設置が難しいのはどんな建物?

高層ビルや、難しい現場を得意とする仮設足場の吉田建設です。
弊社には他社で断られてしまった会社様からのご依頼が多いのですが、
“難しい現場”とはどのようなものなのかご紹介します。

足場の控えがとれない

代表的なのは控えがとれない現場です。
壁面がガラスの建物などがそれにあたります。
足場と建物を固定できないので当然不安定になります。

こういう現場では、
足場を広く組んだり、屋上からワイヤーで吊るなどして足場を安定させます。

足をつくことができない

ホテルのエントランスの屋根など荷重に耐えられない場合、足場を下から組むことができない場合があります。
そういった場合は、梁枠を作って足場を浮かせます。その際も場合によっては上からワイヤーで吊って安定させます。

大事なことは予算内で収めること

上記で紹介したような現場を限られた予算内に収める技術がとても重要です。
要は効率よく、組めるかなのです。
時間をかければできるようなものも、安全を確保しながら素早く組むことで、難しい足場も予算内に収めることができます。

弊社は、通常のビルやマンション足場も行なっていますが、
担当者様が「この現場の足場はちょっと大変だぞ」と思われた時に、弊社にご連絡いただくということが多いです。

私たちとしてもやりがいがありますし、
頼りにしていただいていることはとても嬉しいことです。

もし足場仮設でお困りのことがありましたら是非ご相談ください。
どんな現場でも、解決策をご提示します。

Loading ...