鳶職の魅力って何?高収入、かっこよさ。そして吉田建設では●●

東京都八王子市で高層建築のクサビ足場工事を強みにしている吉田建設です。

建設業界のなかでも、高収入で知られている鳶職ですが、その魅力は高収入だけではありません。

鳶職は、危険な仕事におそれることなく立ち向かうかっこいい存在であることも魅力のひとつです。

なぜ鳶職は建設現場でかっこいいのか?

なぜ、鳶職は建設現場のなかでも、かっこいい仕事とされているのでしょうか?

その理由は、すべての職人の「安全」に関わる仕事だからです。

鳶職が担う仮設足場の仕事は、その荒っぽいイメージとは異なり、実際は繊細なセンスが必要になります。

段差を巧みに調整しないと、土台部分では微妙なずれでも、足場の上のほうでは大きなズレとなり危ない傾斜をつくってしまいます。

あるいは現場の状況に合わせて柔軟に対応して足場を組まないと、その後の作業で無理な体勢が必要になり危険なこともあります。

信頼できる鳶職の存在が、工事全体のクオリティを左右しているのです。

いわば、「強いけれども人一倍の思いやり」という昔ながらのかっこいい人間のイメージが鳶職にはあるのです。

鳶職はスポーツ

 

もちろん、吉田建設の社長の吉田も、鳶職出身です。

一切の未経験で現場に飛び込んだ吉田も、最初は部材を運ぶのにも一苦労でした。

「大変」という思いが強かった吉田でしたが、その思いが報われたと感じたのが、足場を登らせてもらえるようになった頃です。

足場に登っていると、職人自身が思っている以上に目立つものです。

部材を運ぶだけの地味な存在だった吉田も、道行く人に「がんばって」「かっこいい」と声をかけられるうちに、「自分に自信を持てる男へと育っていった」と語っています。

 

吉田は、「鳶職はスポーツ」と語ります。

現場の初っぱなを左右する鳶職の仕事は、「タイムアタック」です。

あるいは、仲間と連携してリズムよく仕事していくのは「連携プレー」。

 

もちろん、スポーツにはないリアルなスリルも、鳶職の仕事にはあります。

ちょっとのミスが自分だけでなく、仲間、あるいは通行人の怪我につながりますから。

 

鳶職は「人と接する仕事」です

鳶職は、意外と「頭を使う」ということも鳶職を仕事として考えている人には覚えておいてもらいたいと思います。

言われたままに動けば済むというような単純作業ではありません。

でも、自分なりに「使いやすい足場」を考えて工事したり、仲間のためを思って「気遣い」をしたりというのは、仕事に潤いを与えてくれます。

鳶職は、実は「人と接する仕事」なのです。

人間味のある働き方をしたいと思っている人にこそ、鳶職は向いていると吉田建設は考えています。

「チームワーク」が吉田建設で働く魅力です

吉田建設の働き方の特色は「チームワーク」です。

会社紹介のページでも語っていますが、社員全員がお互いのことを思って働けるような会社を目指しています。

どんなに優秀な職人でも、ミスやアクシデント、あるいはバッドコンディションも当たり前。

そんなときに、お互いにドライに接するのではなく「大丈夫か」「俺に任せろ」と吉田建設の職人はお互いに支え合って働いています。

建設現場の「安心」を担う仕事だからこそ、職人自身の「安心」も大切なのです。

 

もちろん「技術力」も吉田建設では磨くことができると考えています。、

高層建築のような大きな仕事を任されることが多い吉田建設では、それぞれが独自のノウハウをもっています。

「すぐ隣に頼れる職人がいる」ということは、未経験からでも足場の仕事を一人前にこなせるようになるうえで大切なことです。

 

未経験から鳶職をしてみたいと考えている方は、お気軽に吉田建設にお問い合わせください。

吉田建設はあなたが全力で仕事に打ち込めるようにサポートいたします。

現在、鳶職を積極採用中です。

Loading ...