吉田建設が入っている建物の仮設足場工事を行いました。

吉田建設です。
本日はクサビ式足場の最新の事例をご紹介します。

自社のあるビルの改修工事

弊社オフィスのあるビルの改修工事のための足場仮設を依頼していただきました。
不動産屋さんが頼んでいる工務店さんからの依頼だったのですが、この現場はカーテンウォールといって壁一面がガラスなので、控えを設置することができませんでした。

そのため、写真からも分かる通り筋交いを多く入れることで強度を保っています。

筋交いは、強度を確保するために柱の間に斜めに交差して取り付けられます。

また弊社は安全対策には特に力を入れており、筋交い以外にもワイヤーを地上から屋上まで通して壁に当てジャッキを設置しました。

これにより足場が道側に倒壊する恐れもなく、控えが取れない現場では建物側にも倒れることがないよう念入りなリスクヘッジをすることができました。

普段お世話になっているビルの改修工事のお手伝いができることはとても光栄です。

吉田建設は、今回のような狭い場所や住宅街での工事も得意としています。

ガラス面が多く控えが取れないような建物や、人の往来が多い場所では細心の注意を払う必要があります。

そんな時は、安全対策に力を入れており、実績もあるぜひ吉田建設にご依頼ください。

Loading ...